スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | | - | - | -
■InDesignの鉄則04:貼り込み画像の基本はPhotoshop形式
あなた:InDesignに貼り込む画像のファイルフォーマットは、やはりPhotoshop形式がいいんでしょうか。いままではレイアウトソフトに貼り込む画像はEPSが基本でしたが、どうなんでしょう。

マスターヨーダ:まあ、そうじゃな。Photoshop形式で貼り込むのが一番メリットがあるぞ。EPSやTIFF、JPEGを貼り込むよりわな。ところで、画像を貼り込むときに、考えておきたいことにはどんなものがあると思うかのう。

あなた:画像を貼り込むときのポイントですね。まあ安全性と、機能性ですかね。やっぱり、ちゃんと出力できることと、あとは便利に使えることでしょうか。

マスターヨーダ:安全性は当然じゃがな。まあむかしは、画像のリンクが外れることがよくあったからのう。これからの出力はPDF書き出して、ドキュメントに画像を埋め込むことが当たり前になる。そういう意味では、リンクが外れるというようなトラブルはなくなるじゃろう。

 
続きを読む >>
上高地仁 | 19:51 | InDesign使いこなしの鉄則 | comments(0) | trackbacks(0)
InDesignからトラブルなしで印刷用PDFを作成する方法:インクナブラセミナーのご案内
トラブルなしにIllustratorとInDesignから
印刷用PDFを作成したいと思いませんか?
ちょっとしたことを知らないだけで
トラブルを招き納期が遅れて信用を失います
印刷用PDF作成の20の鉄則を理解すれば
PDFをトラブルなく作成するノウハウが身に付きます。



今からでも遅くはありません。
準備はオーケーですか。
もう、PDFの運用以外の選択肢はありません。


 IllustratorやInDesignで作成したデータは、どのようにして入稿していますか。IllustratorはEPSで入稿することが一般的で、InDesignもドキュメントそのままで入稿されているかもしれません。

 しかしOS環境が変わり、アプリケーションのバージョンも新しいものにシフトすると、PDFでの入稿しか選択肢がなくなります。ネットワーク経由での入稿が“常識”になると、IllustratorやInDesignでのPDF入稿は当然のものになります。

 また印刷会社でも、PDF入稿の比率が二割や三割あるケースも珍しくなくなってきました。ネットワーク入稿する場合は、PDFの方が断然スピーディであり、一度使い始めると、PDFでの運用は後戻りできなくなります。

 IllustratorでのPDF保存や、InDesignのデータ書き出しで作成するPDFは、そのまま印刷用のデータとして使えるでしょうか。ファイルの貼り込み方やドキュメントの設定は初期設定のままでいいのでしょうか。

 あなたは、IllustratorやInDesignで全くトラブルのないPDFを作成することができますか。フォントの埋め込み、透明効果、ラスタライズ効果設定、画像のダウンサンプル、カラーマネージメントなどを適切に処理したPDFを作成する自信がありますか?


時代は超短納期。
トラブルでの納期遅れは致命的です。
ローコスト、短納期の決め手はPDFです。

 印刷物の価格は年々、切り下がっています。価格が上がることはなく、安くなるばかりです。販売価格が下がるだけでなく、納期もタイトになっていきます。印刷会社が受注競争に打ち勝つには、

ローコストのワークフロー

が必要です。ローコストにする第一の方法はトラブルを招かないことです。トラブルが発生すると、コストアップになるだけでなくクライアントの信頼も失われます。

 社内で印刷用PDFを作成するのであれば、PDFの作成は難しくありません。しかし作成されたデータを社内でPDFに変換したり、PDFで入稿する場合は、トラブルを招かないようにする必要があります。DTPのオペレータや印刷会社の営業マンがトラブルを招くデータを事前に確認しておく必要があります。

 また、出力先が社内の出力機ではないケースもあるでしょう。外部に依頼する場合は、出力機が異なってもトラブルを発生させずに出力可能なPDFの作成が必要となります。正しい手順でドキュメントを作成することで、トラブルを招かないPDFが作成できるのです。

 IllustratorやInDesignでトラブルを招かないデータの作成こそが、PDFワークフローの決め手ではないでしょうか。トラブルによって失われた時間は取り戻せません。失敗しないPDF作成のノウハウを、このセミナーで身につけませんか。


◆インクナブラセミナー詳しくはこちらから
http://www.incunabula.co.jp/090427/id.html

 
上高地仁 | 08:56 | ニュースとトピック | comments(28) | -
InDesign CS4、追加された最高傑作へのショートカットを概観する
 Creative Suite 4InDesign CS4の追加された新機能を見てみよう。CS4では画像の配置と日本語組版機能の他、相互参照条件テキストなどのテキスト処理機能が追されている。また、ライブプリフライトでレイアウトしつつデータの検証が行えるようになっている。

 画像の貼り込みは、CS3で複数ファイルの貼り込みに対したが、CS4では貼り込み時にスマートガイドを表示させてオブジェクトの中心に揃えたり、エッジで揃えたりすることが可能になった。また、複数の貼り込み画像の間隔も等間隔に貼り込む際にスマートガイドを表示可能だ。

 画像の貼り込みでもっとも便利になった機能は、リンクパレットで貼り込みファイルの詳細な情報をリストできることだろう。リンクパレットで画像を選択すると、画像の詳細な情報が表示される。画像のサイズやプロファイルの有無だけでなく、画像のオリジナルの解像度が「元のPPI」として、InDesign上で変倍された解像度が「変更されたPPI」として表示される。ただし、EPS画像では解像度と埋め込まれたICCプロファイルはリストされないが、PostScript CSAはリストされるようになった。

◆ショット付きの続きはこちらから
http://dtp-s2.seesaa.net/article/110274919.html

上高地仁 | 10:46 | InDesign CS4 | comments(0) | -
■InDesignの鉄則03:カラーマネージメント機能を使いこなす
あなた:InDesignを使うときは、カラーマネージメント機能を「オン」にするしかないんですね。

マスターヨーダ:一般的には「オン」にするしかないよのう。CS2以降は「Adobe InDesign 2.0 CMSエミュレートオフ」を選択することも可能じゃ。これを選択すると、プロファイル変換が一切できんようになる。

あなた:それと「最小限のカラーマネージメント」という設定がありますが、あれはカラーマネージメントのオフとどう違うのですか。

マスターヨーダ:あれは、モニタRGBから「U.S. Web Coated (SWOP) v2」に変換するだけの設定じゃ。実質的には使い物にならん。
 
続きを読む >>
上高地仁 | 15:59 | InDesign使いこなしの鉄則 | comments(0) | -
■InDesignの鉄則02:最新版にアップデートしよう
あなた:InDesignも最新版にアップデートしない場合のデメリットはどういうものですか。

マスターヨーダ:もちろんじゃ。InDesignはアップデートする内容が多くてな。アップデートは必須じゃな。InDesignは機能が多い分だけ、アップデートする内容は複雑多岐にわたっておる。

あなた:機能が多い分だけ、トラブルも多いわけですね。アップデートしないと、どんなトラブルがあるんでしょうか。

続きを読む >>
上高地仁 | 13:55 | InDesign使いこなしの鉄則 | comments(0) | -
■InDesignの鉄則01:異なるバージョンでは開かない
あなた:Illustratorはバージョン違いで開いたりすると、トラブルを起こしやすいのですが、InDesignではどうでしょう。バージョン違いで開くと、やはりトラブルはあるのでしょうか。

マスターヨーダ:InDesignはIllustratorと比較すると、上位バージョンで開いたときのトラブルは少ないかもしれんな。しかしとはいえ、できれば同じバージョンで開く方が安全じゃろう。

InDesignはバージョンが進むにつれて、新しい機能が追加されておる。アップバージョンはともかく、ダウンバージョンして開くときは要注意じゃ。レイアウトに影響を与える新機能があるときは、下位バージョンで保存した場合、反映されない要素もあるからのう。段落スタイルなどは、毎回かならず新しい設定が追加されておる。

続きを読む >>
上高地仁 | 13:46 | InDesign使いこなしの鉄則 | comments(0) | -
▼InDesign CS2_PDF書き出し1-06 ブラウズ用の機能を書き出す[読み込み]
 [読み込み]オプションでは、InDesignで指定した設定をPDF内に読み込むかどうかを指定します。ブックマークやハイパーリンク、印刷しないオブジェクトやサウンドやムービーデータの扱いを指定します。

続きを読む >>
上高地仁 | 12:57 | InDesign CS2からのPDF書き出しのすべて | comments(1) | -
▼InDesign CS2_PDF書き出し1-05 [オプション]で作成するPDFの仕様を指定する
 一般ウィンドウの[オプション]では、作成されるPDFの仕様を指定します。サムネールの埋め込み、Web表示用に最適化、タグ付きPDFの作成などを指定します。

続きを読む >>
上高地仁 | 14:25 | InDesign CS2からのPDF書き出しのすべて | comments(0) | -